草津市のヒゲ脱毛ができるおすすめメンズ脱毛

メンズ脱毛NAVI

ここでは草津市にあるヒゲ脱毛可能なメンズ脱毛サロン・クリニックを、その特徴と共にご紹介しています。自分にピッタリ合うメンズ脱毛を選ぶために知っておくべき情報も一挙にまとめていますので、合わせてご参考下さい。

ヒゲ脱毛ができる草津市のおすすめメンズ脱毛

草津市にはヒゲ脱毛ができるメンズ脱毛サロン・クリニックが1社1店舗あります。ここでは比較しやすいよう一覧にしました。


口周りの髭

口周り(鼻下・口下・アゴ下)のヒゲの脱毛にかかる費用の一覧です。

名称方式料金
リンクス59,800円詳細公式

口周りの髭

次にほほやもみあげ、首(ノド)を含むヒゲ全体の脱毛にかかる費用の一覧です。

名称方式料金
リンクス59,800円詳細公式
光脱毛は10回、レーザー脱毛は5回と効果に満足する人が多い回数を目安に料金を表示しています。ニードル脱毛は毛の本数によって料金が変わるため、平均的な毛量(口周りの髭=3100本、髭全体=15000本)から料金を算出しています。

気軽に脱毛したい方に

RINX(リンクス)
RINX(リンクス)滋賀草津店

リンクスは男性専門の脱毛サロンで、痛みの少ない光脱毛が受けられます。脱毛器は医師監修の元で独自に開発したものを導入。胸毛や腹毛はもちろん髭や陰毛(VIO)など日本人男性特有の太く硬いムダ毛でも効果的に脱毛できます。入会金・年会費、アフターケア用品費なしで費用は脱毛料金以外一切かからない安心設定。商品購入やコース契約などの勧誘もありません。直前の予約キャンセルでもキャンセル料や回数減少などのペナルティもないため、忙しい男性でも安心して通えます。ホームページにはたくさんの体験者レビューが掲載されています。

業態
男性専門脱毛サロン
方式
光脱毛
費用
カウンセリング無料。
髭全体(鼻下、口下、あご、あご下・首、ほほ、もみあげ)10回59,800円。
効果の高さ
3.0
費用の安さ
5.0
痛みの少なさ
5.0
回数の少なさ
3.5
施術の早さ
5.0
デザイン性
3.5
滋賀草津店
〒525-0032滋賀県草津市大路一丁目11-8 ジュンビル4F
公式HP
とにかく安く、痛みも少なく気軽に脱毛したいという方におすすめです。
日焼けしている方、白髪を脱毛したい方、繊細なデザイン脱毛をしたい方には不向きです。
業態:
タイプ:
その他:

条件をリセット

自分に合うメンズ脱毛を選ぶための基礎知識

メンズ脱毛の基礎知識

ヒゲ剃りやムダ毛処理にかかる時間・手間を節約して有意義な時間を手に入れたい」「第一印象を磨いて仕事の成果に繋げたい」「モテる男性の条件No.1の『清潔感』を手に入れたい」など様々な理由からメンズ脱毛に通う男性が増えていますが、脱毛の結果に満足する人がいる一方、「こんなはずじゃなかった」と落胆する方の声を耳にすることも。

よくよく聞いてみると、落胆の理由は「思っていたような効果が出ない」「もっと早く脱毛できると思っていた」「思っていたより料金が高かった」など、イメージと実際のギャップによることが多いようです。

実はメンズ脱毛と一口に言ってもいくつか種類があり、それぞれ得意・不得意、メリット・デメリットがあることはご存じでしょうか?

ここからはあとで後悔しないための、自分の希望や条件に合うメンズ脱毛を自分で選ぶ際に必要な情報をまとめました。最短距離で理想の自分に近付くためにお役立て下さい。

メンズ脱毛クリニックとメンズ脱毛サロンの違い

メンズ脱毛の業態にはクリニックとサロンの2種類があります。ここではそれぞれの特徴を見てみましょう。

メンズ脱毛クリニック

メンズ脱毛クリニック

メンズ脱毛クリニックは、クリニックという名の通り「医療機関」つまり病院です。(脱毛は美容目的になるため保険は効きません)

現在のクリニックではレーザー脱毛が主流ですが、光脱毛やニードル脱毛を採用しているクリニックもあります。(各脱毛方法の違いは後述します)

クリニックで脱毛するメリットの1つは麻酔を使えることです。クリニックで主流のレーザー脱毛は効果が高い代わりに比較的痛みが強い脱毛方法ですが、麻酔を利用することで痛みを軽減し、快適に脱毛することができます。

もう1つのメリットは医師がいるためその場で処置や薬の処方をしてもらえることです。脱毛器のパワーを上げて効果を高くするほど副作用(一時的な炎症など)も起こりやすくなりますが、その場で処置や薬の塗布をしてもらえるので、効果を高めながらも安心して脱毛を受けられます。

メンズ脱毛サロン

メンズ脱毛サロン
メンズ脱毛サロンは、クリニック以外で脱毛施術を提供しているお店で、脱毛専門サロンとエステなどと併設されている複合サロンがあります。

サロンでは光脱毛が主流ですが、一部ニードル脱毛が受けられるサロンもあります。レーザー脱毛は医療機関でのみ使用が認められているためサロンでは受けられません。(各脱毛方法の違いは後述します)

サロンで脱毛するメリットの1つは料金がクリニックより安めに設定されていることです。これはレーザー脱毛器よりも光脱毛器の方が購入費用が安く、コストを低く抑えられるためです。

(ニードル脱毛を採用しているサロンの場合は料金がレーザー脱毛より安いというメリットはありませんが、光脱毛やレーザー脱毛ではできない白髪の脱毛や緻密なデザイン脱毛ができるというメリットがあります。)

もう一つのメリットはスタッフの対応が丁寧で気配りが行き届いている点。サロンは医療機関と違い完全にサービス業なので、お客さん目線のスタッフ教育が徹底されているところが多く、リラックスした気持ちの良い時間を過ごせるのもメリットの1つです。

メンズ脱毛の種類

メンズ脱毛にはニードル脱毛、レーザー脱毛、光脱毛という3種類の脱毛方法があります。どれが最も優れているといったことではなく、それぞれ異なる特徴があるため、その特徴を簡単に理解して自分に合う脱毛方法を選べるようにしておくと安心です。

ここでは3つの脱毛方法それぞれの特徴を紹介します。

ニードル脱毛(電気脱毛・針脱毛)

ニードル脱毛
アメリカのFDA(食品医薬品局)で唯一永久脱毛と認められている脱毛方法で、白人・アジア人・黒人といったどんな肌の色でも利用でき、産毛、太い毛から金髪・白髪に到るまでどんなタイプの毛でも脱毛できる効果の高い脱毛方法です。

1875年に発表されてから140年以上の歴史ある脱毛方法で、1977年に日本にレーザー脱毛が初上陸するまで主流の脱毛方法でした。

毛をピンセットでつまみ、プローブと呼ばれる細い棒を毛穴に挿入して電流を流すことで毛根を熱処理し、発毛機能を無力化します。

毛を1本ずつ処理するため時間とコストがかかる脱毛方法ですが、自由自在なデザイン脱毛が可能なことや、肌の色や毛の色・太さを選ばず脱毛できることから、今でも需要のある脱毛方法です。

ニードル脱毛には次のような種類があります。

電気分解法

最も古いニードル脱毛法で、毛を1本脱毛するのに60~80秒という長い時間がかかるため現在はほとんど行われていません。電気の力で体液をアルカリ化し、そのアルカリ液で毛根を分解して無力化します。

高周波法

施術には比較的高い技術が必要ですが、毛1本の脱毛が0.5~1秒と非常に素早く脱毛できる方法です。高周波交流電流で発生する熱を使って毛根を無力化します。

高周波法が受けられるメンズ脱毛サロン:メンズTBC
ブレンド法

電気分解法と高周波法を合わせた方法で、毛1本の脱毛に3~20秒の時間が掛かりますが、高周波法より少ないパワーで脱毛できるため比較的簡単に施術でき、安全性の高い方法です。

ブレンド法が受けられるメンズ脱毛サロン:ダンディハウス

レーザー脱毛(医療脱毛)

レーザー脱毛
毛のメラニン色素に反応しやすい波長600~1200nmの光線を利用して毛根を熱処理し、発毛機能を無効化する方法です。アメリカのFDA(食品医薬品局)で永久減毛であると認められています。

直径1cm程度の範囲ごとに毛をまとめて脱毛できるため、1本ずつ脱毛していたニードル脱毛と比べて大幅に施術時間を短縮できるようになりました。施術技術も簡単で導入も容易になったため、現在のクリニックの脱毛はレーザー脱毛が主流となっています。

効果的に脱毛するには、肌の色が薄い、毛の色が濃いなどの条件がありますが、メラニン色素に反応しやすい波長の光線だけを選択して利用することで少ない回数でも高い効果を得られる脱毛方法です。

レーザーは波長が短いほどメラニンに対する反応が高く、波長が長くなるほどメラニンに対する反応が低くなり皮膚の深部まで効果が届きやすくなります。脱毛レーザーには波長によって次のような種類があります。
レーザー種類

ルビーレーザー

1996年に初めて開発された脱毛レーザー。皮膚にメラニン色素の少ない白人用で、日本人が使用すると火傷してしまうため日本で脱毛を目的に使われることはほぼありません。波長は694nmと短くメラニンに非常に反応しやすいレーザーです。

アレキサンドライトレーザー

日本人でも使えるように開発された脱毛レーザー。波長は755nmとやや長くなりメラニンへの反応が緩やかになっています。現在多くのクリニックで採用されているスタンダードな脱毛レーザーです。肌の色が薄い人に向いています。美肌・若返り効果もあります。

アレキサンドライトレーザー脱毛器: ジェントルレーズ、エリート、G-MAX
取り扱いクリニック:湘南美容外科ゴリラクリニック
ダイオードレーザー

波長は800~810nmとより長く、やや肌の色が黒めの男性でも利用できる脱毛レーザー。深いところにある毛根にも効果があります。産毛の脱毛も得意としています。

ダイオードレーザー脱毛器: ライトシェアデュエット
取り扱いクリニック:メンズリゼゴリラクリニック
ヤグレーザー

波長は1064nmと最も長く、色黒な人や陰部などの色素沈着の強い部位の脱毛が可能なレーザーです。最も深いところまで届きます。

ヤグレーザー脱毛器: ジェントルヤグ、エリート、G-MAX
取り扱いクリニック:メンズリゼゴリラクリニック
蓄熱式ダイオードレーザー

レーザー自体は先ほど紹介したダイオードレーザーと同じですが、こちらはレーザーを断続的に照射することで徐々に熱を溜めていく方式です。1回当たりの照射パワーが小さく、他のレーザーに比べて回数はかかりますが、痛みが少なく、ムラなく仕上がるのが特徴です。色黒な人でも脱毛できます。

バルジ毛幹細胞を生成するバルジ領域と呼ばれる部位をターゲットとするため毛周期の影響を受けにくいといわれています。

蓄熱式ダイオードレーザー脱毛器: メディオスターNeXT、ソプラノ、ハヤブサ
取り扱いクリニック:湘南美容外科メンズリゼゴリラクリニック
クリニックの選び方

レーザー脱毛はレーザー種(波長)ごとに脱毛できる条件(肌の色や毛の太さ、毛根の深さ)が決まっているため、脱毛したい部位の毛がその条件に合っている時は高い効果を得られますが、一方で条件から外れている毛には効果が出にくいというデメリットもあります。

このデメリットを避けてレーザー脱毛の効果を最大限に引き出すには、異なるレーザー種のレーザー脱毛器を複数導入しているクリニックを選ぶことがポイントです。そうすればあるレーザー脱毛器が万が一自分の毛に合わなかったとしても別のレーザー脱毛器を使って脱毛できるからです。

本サイトで紹介している主要なレーザー脱毛クリニックは異なるレーザー種のレーザー脱毛器を複数導入しています。

湘南美容外科メンズリゼゴリラクリニック
アレキサンドライト
ダイオード
ヤグ
蓄熱式ダイオード
光脱毛
種類数2+1(光)

光脱毛(フラッシュ脱毛・IPL脱毛)

光脱毛

光脱毛もレーザー脱毛と同じく波長600~1200nmの光線を利用して毛根を熱処理し、発毛機能を無効化する方法です。こちらもアメリカのFDA(食品医薬品局)で永久減毛であると認められています。

レーザー脱毛との大きな違いは、755nm、810nm、1064nmといった脱毛に適した波長1つだけを選択して使用するのではなく、600~1200nmの光線をまんべんなく使用する点です。
光・フラッシュ・IPLの波長

光脱毛もレーザー脱毛と同じく光線を使用するので効果的に脱毛するには、肌の色が薄い、毛の色が濃いなどの条件があります。

光脱毛では脱毛に効果のある全ての光線が含まれるので、特定の深さに特化したレーザー脱毛と比べると回数が多く必要になりますが、光線の届く毛根の深さであれば1台の光脱毛器で様々な深さの毛根の脱毛に対応できるというメリットがあります。マイルドな効果に比例し、痛みが少ないのもメリットです。

シミ消しや肌の若返り促進などに効果のある光線も含むため、美肌効果もあります。

また直径2~3cm程度の範囲でまとめて脱毛できるため、細かなデザイン脱毛は不得意ですが、レーザー脱毛よりさらにスピーディーに脱毛できるのも強みです。

取り扱いサロン・クリニック:リンクス湘南美容外科

永久脱毛とは?永久減毛との違いは?

先ほどアメリカの厚生労働省にあたるFDAにおいてニードル脱毛は永久脱毛、レーザー脱毛と光脱毛は永久減毛だと認められているとご説明しました。

日本ではどちらも同じような意味で使われていますが、アメリカでは明確に区別されています。ここではそれぞれの効果や有効対象などの違いについて見ていきましょう。

どちらも毛が生えてこなくなる

永久脱毛、永久減毛はそれぞれ次のように定義されています。

永久脱毛

永久脱毛(Permanent hair removal)は米国電気脱毛協会(AEA)によって定義された言葉で「最終脱毛日から1ヶ月後の毛の再生率が20%以下であること」と定義されています。

永久減毛

永久減毛(Permanent Hair Reduction)はハーバード大学のディリックらによって定義された言葉で「脱毛完了後に毛周期の期間(部位によって4~12ヶ月)が経過しても終毛(産毛ではない色が濃く太い毛)が顕著に減少していること」と定義されています。


少しわかりにくい表現かもしれませんが

簡単にいうと、永久脱毛も永久減毛もどちらも「脱毛したあと本来なら新しい毛が生えてくるくらいの時間が経っても、毛がほとんど生えてこない状態」ということです。

こう聞くと、「毛が生えなくなる期間が1~12ヶ月というのは『永久』と呼ぶには短過ぎるのでは?」とか「1~12ヶ月経ったらまた生えてくるんじゃないの?」と思ってしまいますよね。でもご安心下さい。どちらの方法でも、一度脱毛が完了した毛包からは年数が経過しても毛が生えてこない状態が続くことが実証されています。

1~12ヶ月というのは、あくまで脱毛の効果が現れていることを確認するために必要な期間で、脱毛効果自体はその後も続いていくということになります。

違いは対応できる条件の多さ

では永久脱毛と永久減毛は何が違うのかというと、対応できる肌と毛のタイプの多さです。

永久脱毛(ニードル脱毛)は、肌の色や、毛の色、毛の太さ、毛の深さに関わらず様々な毛の脱毛が可能です。つまり、白人・有色人種・黒人、白髪・金髪・赤毛・栗毛・黒髪、産毛・太い毛、浅い毛・深い毛と、タイプにかかわらず脱毛が可能です。

対して永久減毛(光・レーザー脱毛)は、黒髪や栗毛など色の濃い毛にのみ有効、肌の色は薄いほど効果が出やすい、産毛より太い毛に効果が出やすい、毛の深さは光線の届く範囲、とある程度脱毛できる条件に制限があります。そのため、脱毛しても生えている毛という毛が全て無くなるわけではなく、産毛や色素の薄い毛は残ってしまうことがあるということから、永久『減毛』と定義されています。

男性の脱毛にはどちらも効果的

では永久減毛は効果が弱いのかというと、そんなことはありません。

なぜなら幸運なことに、日本人は薄めの肌色と濃い黒髪をしていて、光・レーザー脱毛の効果を得やすい条件を兼ね揃えているからです。

特に男性の場合は、女性と違って「産毛までなくしてツルツルになりたい」というよりは、「濃い毛を薄くしたい」「青髭を目立たなくしたい」「面倒な処理を楽にしたい」というような太く濃い毛を目立たなくしたいという人が多く、これも太く濃い毛(メラニンの多い毛)の脱毛に効果を発揮しやすい光・レーザー脱毛の特性と合致しています。

そのため日本人男性は、永久脱毛・永久減毛の定義にあまりとらわれずに、光脱毛・レーザー脱毛・ニードル脱毛の中から自分に合う脱毛方法を選んで利用するのが得策です。

メンズ脱毛に必要な回数・期間は?

これから脱毛したいと思っている方の中には、「1回脱毛すればそこからは2度と毛が生えなくなる」というようなイメージを持っている方もいるかも知れませんが、脱毛は1回では完了しません。

これは毛には毛周期と呼ばれる毛の生え替わりサイクルがあるためです。

毛周期

毛周期は成長期、退行期、休止期の3つの期間に分けられます。

  • 成長期:毛乳頭から栄養をもらい毛が成長していく期間。
  • 退行期:毛と毛乳頭が離れ成長が終わり、毛が抜けるまでの期間。
  • 休止期:次にもう一度毛を生やすための準備をする期間。

そして、毛は成長期・退行期・休止期それぞれのサイクルが混在した状態で生えています(下図)。

様々な毛周期の混在

このおかげで、すべての髪の毛が同時に休止期に入って頭がツルツルになるといった好ましくない状態を回避しながら、新陳代謝を行い年中清潔な毛が生えている状態を保つことができます。

このように我々にとって有用な毛周期ですが、脱毛する時に限っては少しやっかいな存在に…。

光脱毛、レーザー脱毛、ニードル脱毛のどの脱毛方法も、成長期の毛にしか効果がありません。(バルジ領域をターゲットとする蓄熱式ダイオードレーザー脱毛器は、退行期の一部にも効果があると言われています)

そのため、すべての毛を脱毛するには毛の成長期に合わせて何回か脱毛に通う必要があります。

一般的に、脱毛効果がハッキリとわかる満足のいく結果が出るまでに、レーザー脱毛で5回、光脱毛で10回、ニードル脱毛は数回~(脱毛本数による)程度の脱毛が必要だといわれています。

また、一度脱毛しあと次に成長期となる毛が生えそろうまでに2週間~2ヶ月ほどかかり、その間に脱毛しても効果が出ないため、脱毛したら次に脱毛するまで最低2週間~2ヶ月は間隔を空ける必要があります。そのため脱毛完了までにはある程度の期間が掛かります。

レーザーニードル
回数10回5回数回~(本数による)
期間1年~1年半半年~1年数ヶ月~(本数による)

 

脱毛の完了には一定の回数と期間が必要になります。脱毛する時は必要なタイミングの直前に始めるのではなく、なるべく早めに開始しましょう。

メンズ脱毛は痛い?

痛いのが苦手な人は気になるポイントだと思いますが、基本的に脱毛は痛いです。

ただ、痛さは脱毛方法や部位・体調などによっても左右されるので、ここではそれらがどのように痛みに影響するか見ていきたいと思います。

脱毛方法による痛みの違い

脱毛方法によって痛みの強さや種類が違います。痛みと脱毛効果は比例しているところがあり、痛みが強いほど効果も高い傾向にあります。

痛み痛みの種類
少ない暖かさを感じる~輪ゴムで弾かれるような痛み
レーザー強い輪ゴムで強く弾かれるような痛み
(蓄熱式ダイオードレーザーは暖かさを感じる程度)
ニードル強い針を挿入する時にチクッとした痛み、電気を通す時にジリッと焼けるような痛み、毛を引き抜く時に痛みがある

痛いのが苦手な人は光脱毛や蓄熱式ダイオードレーザー脱毛を、痛いのは苦手だけどできるだけ早く脱毛したいという人はクリニックで麻酔(1回3000円程度)をしながらレーザー脱毛を受けるのがよいでしょう。

脱毛部位の状態による痛さの違い

脱毛方式だけではなく、脱毛する部位の毛の状態や肌の状態によっても痛みは変わります。

毛のメラニン色素に反応する光・レーザー脱毛については、毛が太く密度が高いほど痛みが強く出やすく、肌の色は黒いほど痛みを感じやすくなります。

痛み弱い強い
毛の太さ細い太い
毛の密度少ない多い
肌の色白い黒い

光・レーザー・ニードル共通としては、皮膚の薄いところ(鼻の下や陰部など)ほど痛覚が敏感で痛みが強くなる傾向にあります。

痛み弱い強い
肌の薄さ厚い薄い

このようなことが影響するため、人の「痛くない」や「めちゃくちゃ痛い」という感想は自分には当てはまらないこともあります。最近は無料のテスト照射や安価な体験脱毛を利用できるので気軽に脱毛をお試しできます。痛みが気になる人はまずはどんな感覚がするか体験してみるのがおすすめです。

脱毛の痛みを少なくする方法

次のようなことに注意することで痛みを抑えることができます。

  • 肌を乾燥から守る(肌の潤いを保つ)
  • 十分な睡眠を取る
  • カフェインの摂取を控える
  • 前日のアルコールは控える
  • ストレスを発散する

逆にこれらのことができていない時に人は痛みを感じやすくなります。脱毛する日の直近だけでも構わないので、なるべく意識して過ごしてみて下さい。


脱毛には痛みが伴いますが、髭やムダ毛が無くなった時に得られる自信や、手間からの解放感を考えれば、痛みを我慢する価値は十二分にあります。(関連:実際に脱毛した男性533人のアンケート結果

メンズ脱毛の申し込みから脱毛完了までの流れ

脱毛したいと思っていても実際何をしてどんなことが行われるのかイメージできないとちょっと不安に感じるかもしれません。ここでは脱毛のイメージを掴みやすいように、申し込みから脱毛完了までの流れを簡単に説明したいと思います。

  • STEP.1
    メールフォームから予約する

    公式HPから無料カウンセリングや体験脱毛を予約します。
    脱毛を希望する部位、行きたい店舗、都合の良い日程(第1希望~第○希望)などを入力します。
    24時間予約が可能なメールフォームからの予約が便利です。
  • STEP.2
    店舗から予約確認の連絡が届く
    希望した日程の中から予約可能な日時の連絡が来ます。
  • STEP.3
    予約日に店舗へ

    予約した日時に店舗に向かいましょう。
  • STEP.4
    カウンセリング用紙を入力する

    脱毛したい部位、希望の状態(毛が目立たない・つるつる・デザイン等)などを記入します。自分がどういう状態を目指しているのかしっかり書いておきましょう。疑問点や心配事など気になることがあればそれも記入しておきます。
  • STEP.5
    脱毛に関する説明を受ける

    カウンセリング用紙をもとにして、希望する状態になるまでに必要な回数・期間・料金や脱毛の基礎知識などについて説明を受けます。実際に脱毛した人の経過写真を見せてもらえたり、希望するとテスト照射をしてもらえるところもあります。気になることがあればこの時にどんどん質問して疑問・不安は解消しておきましょう。
  • STEP.6
    契約して初回脱毛の日程を決める
    説明やテスト照射・体験施術を受けた結果、納得できれば契約して実際に脱毛する日時を予約します(時間の都合が合えばそのまま脱毛できることもあります)。もし納得いかなければそのまま帰っても良いですし、脱毛するかまだ決めかねている場合は慌てて決めずに一旦家に帰ってからゆっくり考えて決めることもできます。
  • STEP.7
    脱毛に通う

    契約したコースの回数だけ、または自分が納得いくまで、脱毛に通いましょう。脱毛した日についでに次回の予約も入れておくとスムーズです。
  • 脱毛完了

    これで脱毛完了です。おつかれさまでした。

メンズ脱毛のリスクと対策

光・レーザー・ニードルのどの脱毛方法も熱によって毛包(毛乳頭やバルジ)を破壊して発毛機能を失わせる方法です。そのためいくつかリスクも起こりえます。ここではリスクとその対処法についてみていきましょう。

炎症に関するリスク

どの方法でも発赤、熱感、かゆみ、痛み、乾燥、毛嚢炎・膿疱(ニキビのようなできもの)が生じることがあります。

サロンでの対策は、リスクが起こる強さまでは出力を上げないこと、施術前後に冷却したり保湿ケアをすることなどで、リスクの発生を回避しています。

クリニックでは施術前後の冷却に加え、リスクが発生した時には塗り薬や飲み薬の処方や処置によって対応しています。

色素に関するリスク

光・レーザー脱毛では施術をすることによって、ホクロやシミが薄くなったり、消えてなくなったり、一時的に濃くなることがあります。

対策として、サロン・クリニックのどちらでも、ホクロを避けて施術したり、消したくないホクロの上にシールを貼って光線が当たらないように施術したりします。消したくないホクロやシミがあるときは事前に伝えておきましょう。

毛に関するリスク

光脱毛・レーザー脱毛では埋没毛(毛が皮膚の中に埋もれたまま伸びること)や硬毛化(毛が以前より太くなること)がごくまれに起こります(レーザー脱毛でも起こることはまれですが、光脱毛で起こる確率はさらにずっと低いといわれています)。

対処法としては、埋没毛も硬毛化もそのまま脱毛施術を続けることで自然と解消されていきます。

クーリングオフや中途解約について

「脱毛するつもりで契約したけど…お金がない!」「遠方に出張になったので脱毛に通えなくなった」など、契約を白紙に戻したり途中で止めたくなった時に助けてくれるのがクーリングオフや中途解約です。

本サイトでご紹介している主なメンズ脱毛サロン・メンズ脱毛クリニックはクーリングオフ・中途解約のどちらにも対応しています。

クーリングオフ中途解約
リンクス
湘南美容外科
メンズリゼ
ゴリラクリニック
メンズTBC
ダンディハウス

クーリングオフとは

契約から8日以内で、契約期間が1ヶ月以上、契約料金が5万円以上の場合はクーリングオフが可能です。8日以内であればすでに初回の脱毛を受けていたとしても全額返金してもらえるので、クーリングオフを希望する場合は施術を受けていないか受けたかにかかわらず早めに申請しましょう。

クーリングオフの方法

クーリングオフするには以下の内容を書面にして郵送します。

  • タイトル「通知書」
  • 解約の旨「次の契約を解除することを通知します」※理由不要
  • 契約年月日「○年○月○日」
  • 契約コース名「○○コース」
  • 契約金額「○○円」
  • 販売会社(会社名、営業所名、担当者名)
  • クレジット会社名(※クレジット払いの時のみ)
  • 返金を求める旨(※支払い済みの場合のみ)
  • 返金用の振込口座情報(※支払い済みの場合のみ)
  • 発送日
  • 自分の氏名

なにやら書くことが多くてややこしそうに感じるかもしれませんが「私と誰がいつ契約したこのコースを解約するからこの口座に何円を返金して下さい」ということがわかる内容であれば大丈夫です。

日付の期限は、書面が相手に届いた日ではなく、発送日(消印の日付)が契約から8日以内なら有効です。郵送は郵便局で発送の記録が残る内容証明郵便(特定記録郵便、簡易書留でも可)を利用すると発送日が証明できて安心です。

中途解約とは

契約から8日以上過ぎてしまった場合でも、中途解約が可能です。

クーリングオフとの違いは、中途解約では解約金が必要になること、そしてすでに脱毛を受けた場合は受けた分の料金を差し引いた残りの金額が返金される点です。

解約金は基本的に「2万円」または「契約した料金の10%」のどちらか安い方になります。

5回10万円のコースを1回施術後に解約する場合は以下のように7万円が返金されるということになります。

10万円-(2万円「1回分料金」+1万円「解約金」)=7万円

中途解約の方法

中途解約の方法もクーリングオフとほぼ同じですが、2点違いがあります。

1点は解約の旨「契約の解除を通知します」を「契約の中途解約を通知します」に変更すること。もう1点は返金してもらう金額を「契約金額(○○円)」から「契約金額から既に提供されたサービスに相当する金額(○○円)と法律が定める限度内の貴社の解約手数料(○○円)を差し引いた残額(○○円)」 に変更することです。

実際に脱毛した男性533人のアンケート結果

メンズ脱毛に関する意識調査

では実際に脱毛した(脱毛している)男性は脱毛したことをどう感じているのでしょうか?ここでは2018年にゴリラクリニック(医療法人社団十二会)が、実際に脱毛している10代~60代の男性533人を対象に実施した脱毛に関するアンケートの結果にいついてまとめました。

これから脱毛する予定の方、脱毛するか迷っている方には特に役立つ内容かと思います。ぜひ参考にしてみて下さい。

脱毛を決意した理由は何ですか?(複数選択可)

お金と時間を掛けてでも脱毛しようと決意するに至った理由についての質問です。

脱毛を決意した理由は?

「見た目の悩み」が約60%と最も多く、次いで「清潔感・衛生面」、そして「とにかく毛が不要」、「ヒゲ剃り・ムダ毛処理が面倒」という順に。中には「現代男性としては当然のマナー」という人や「美しさの追求」・「将来の自分への自己投資」など、脱毛をより良い自分に向かうための手段として使っている方も。

脱毛して良かったですか?(単一選択)

シンプルな質問ですが、これから脱毛する・脱毛したい人にとっては最も気になる質問ではないでしょうか。

脱毛をして良かったですか?

90%以上の人が「脱毛して良かった」と回答。逆に脱毛しない方が良かったと答えた人は0人と、脱毛して良かったと感じている人が圧倒的に多く、これから脱毛しようと考えている人にとっては心強い結果といえるのではないでしょうか。

脱毛して良かったところはどこですか?(複数選択可)

前項の「脱毛して良かったですか?」からもう一歩踏み込んで、脱毛して良かった理由についての質問です。

脱毛をして良かったところはどこですか?

日々の煩わしさ、不潔なイメージ、見た目の不快感、コンプレックスなど、様々な問題から解放されることで「脱毛して良かった」と感じる人が多いようです。

脱毛して悪かったところはどこですか?(複数選択可)

前項とは逆に、脱毛して良くなかった点・後悔している点についての質問です。

脱毛をして悪かったところはどこですか?

脱毛して悪かった点の断トツ1位は「痛み」。次いで「悪いところはない」という回答が3割超え。そして「お金が掛かる」が3位でした。先のアンケートと合わせると痛みと費用さえ受け容れられれば、90%以上の高い確率で様々な問題からの解放感や満足感を享受できるといえそうです。

脱毛したあと周囲の反応はどうですか?(複数選択可)

脱毛が終わったあと、それを見た(知った)時ののパートナーや友人の反応についての質問です。

脱毛したあと周囲の反応は?

半数近くの人が「周りの反応より何より自分が満足している!」と回答しているのが印象的です。それを除いても「好印象」が1位で、反対に脱毛不要という意見や悪印象は合わせても3%以下という結果に。男性の脱毛は脱毛した男性にとっても、周囲の人にとっても喜ばしいこととして受け止められることが多いようです。

周囲にも脱毛を勧めたいですか?(単一選択)

自分が脱毛をしてみて、友人やパートナーなど周囲の人にも脱毛をすすめたいかどうかについての質問です。

周囲にも脱毛を勧めたい?

8割以上の人が周りにも「脱毛をすすめたい(既にすすめている)」という結果に。それだけ多くの人が、痛みや費用などのデメリットを考えても脱毛は有意義だという結論に辿り着いたということでしょう。

どこを脱毛していますか?人気脱毛部位(複数選択可)

現在または過去にどの部位のムダ毛を脱毛しましたか?というリアルな人気の脱毛部位がわかる質問です。

部位
1位ヒゲ
2位Oライン(肛門)
3位腹(ギャランドゥ)
4位Iライン(男性器)
5位すね毛(膝・ひざ下)
6位Vライン(ビキニライン)
7位太もも
8位胸・乳首周辺
9位前腕(肘・ひじ下)
10位お尻

一番人気はやはりヒゲ。回答した男性の8割が髭脱毛している圧倒的な人気部位です。VIOもそれぞれ2位、4位、6位と上位に並び陰部・アンダーヘア脱毛のニーズの高さが伺えます。

ちなみに各年代とも1位は髭ですが、髭を除いたランキングには次のような違いが出ています。

10代20代30代40代
1位Oライン
2位Vライン
3位腹部OラインIライン

年齢を重ねるほど、普段は見えない部分の身だしなみにも気を使う方が増えるようです。

アンダーヘア脱毛はツルツルにする?毛を残す?(単一選択)

陰部・VIOの脱毛をしている人を対象に、アンダーヘアを無毛のツルツル状態にするか、または毛を残す(整える・減らす・デザイン)かどちらを希望しますかという質問です。

アンダーヘアはツルツル?残す?

男性でVIOのムダ毛を全てなくしてツルツルにしたいという人は29.1%、型を整えたりある程度は毛を残しておきたいという人が70.9%と、毛を残す人が多い結果に。特に見える部分(Vライン)をツルツルにするいわゆるパイパンにはまだ抵抗がある人が多いようです。

アンダーヘアを脱毛して良かったところは?(複数選択可)

前項と同じく陰部・VIOの脱毛をしている人を対象に、陰部脱毛のメリット、脱毛して良かった点についての質問です。

陰部脱毛してよかったところは?

最も多かったのは「衛生的で清潔感が増えた」、2位が「見た目がキレイになった」、3位は「排便のあと拭くのが楽になった」と実用性と見た目の両方においてメリットを感じている人が多いようです。


ちなみに最近の別のアンケートによると、男性の60%が「自分のムダ毛を意識している」と答え、女性の90%以上が「男性のムダ毛が気になる」と回答するなど、男女ともに「ムダ毛処理をしている清潔感のある男性」に好印象を受ける時代になっているようです。

まとめ

メンズ脱毛について様々な角度から解説してきました。

脱毛をすると第一印象を良くできたり、有意義な時間を増やせたり、自信を持って生活を送れたりと、多くのメリットを享受できます。脱毛にはそれなりの費用が掛かりますが、将来得られるリターンを考えれば有意義な自己投資だといえるでしょう。

このサイトがより充実した快適な生活を手に入れるきっかけになれば嬉しいです。